Bankera(バンクエラ/BNK)ICOを購入してみた

バンクエラ BANKERA
スポンサーリンク

プレICOではICO期間を残して、25億BNKを完売、約33億円の資金調達に成功した、日本を始め各国で人気の高いICO案件、リトアニアのブロックチェーン銀行サービス「BANKERA(バンクエラ)」のBNKトークンセール。

プレICOを経て、2018年11月27日からBankera(バンクエラ)の一般ICOが始まっています。

【一般ICO期間は2017年11月27日から2018年2月末まで。】

今回ICOでは総発行枚数(250億BNK)の30%となる7,500,000,000BNK(75億BNK)がICOで発行されます。

価格は1BNKあたり0.017~0.024€で購入が可能で、10億BNKごとに0.001€ずつ値上がりするソフトキャップが導入されています。

つまり、一般ICOは0.017€から売り出され10億BNKごとに次は0.018€と値上がりするため、早めに参加する程安く購入できます。

このICOがすべて完売すると197.6億円になりプレICO分と合せると230億円もの資金調達をすることになりますが、仮に完売しなかった場合は今回予定されているBNKの余り枚数を購入者に購入割合に応じて無料で配布されるとの事で程よい調達額で程よい余りが出るのが購入者にはおいしいのかなとも管理人的には考えています。笑

そしてこのBankera(バンクエラ)ICOの特徴はプレセールでのトークンを購入した瞬間から毎週イーサリアムによる配当があるということ。

後で詳しく書きますが、簡単に言うと純取引利益の20%から、BNKトークン保有者にこれを按分される。

管理人も2万円分だけですがトークンを購入しました。

2万円で買えたのは以下の約12,000BNK。

BNKトークン

海外サイトはどうしても英語表記の壁で敬遠される方もいると思いますが、Bankera(バンクエラ)のサイトは日本語表記にも完全対応していますので比較的、苦労なくアカウント作成、購入ができると思います。

後半でICOの参加方法(アカウント作成、購入、送金方法)についても画像付きで解説します。

では、Bankera(バンクエラ)についてもう少し深く掘り下げて行きたいと思います。

 

[ad#ads1]

 

バンクエラとは

Bankera(バンクエラ/通貨コード:BNK)はブロックチェーンの技術を活用した「新しい銀行」を目指している金融サービスの構築を目指し、海外の仮想通貨販売所であるSpectroCoin(スペクトロコイン)によって管理運営される仮想通貨の銀行と呼ばれるプラットフォームです。

現在、送金・決済手段に利用用途が限られている仮想通貨ですが、Bankera(バンクエラ)ではビットコインを使ったデビットカード決済(既にSpectroCoinに実装済み)をはじめ、既存の銀行と同様のサービスを提供します。

仮想通貨でファンドに投資したり、ネット上で申込~支払いまで完結できる保険に加入できたり、対面不要で融資を受けられたり等々、ブロックチェーン技術を生かした銀行サービスを予定しています。

ICOは、プレICO(終了。約33億円調達)・ICO・SCOの3段階での資金調達を予定しており、現在はICOの段階です。

Bankeraのビジョン

バンクエラはブロックチェーン時代のためのデジタルバンクです。従来の銀行の役割を担うバンクエラは、以下3つのサービスを提供します。

お支払 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金 ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

引用:Bankera(バンクエラ)公式サイトより

 

Bankera(バンクエラ)ICO価格と発行枚数、割り当てについて

このICOは既にプレICOが発行上限(25億BNK、総発行枚数250億BNKの10%)まで予定期間を残して完売。

プレICOで調達した金額は1ユーロ130円換算で約33億円。

そして現在行われているICOでは総発行枚数(250億BNK)の30%となる7,500,000,000BNK(75億BNK)が発行されます。

価格は1BNKあたり0.017~0.024€で購入が可能です。

10億BNKごとに0.001€ずつ値上がりするソフトキャップを導入。

1~10億BNKまで 1BNK=0.017€
10~20億BNKまで 1BNK=0.018€
20~30億BNKまで 1BNK=0.019€
30~40億BNKまで 1BNK=0.020€
40~50億BNKまで 1BNK=0.021€
50~60億BNKまで 1BNK=0.022€
60~70億BNKまで 1BNK=0.023€
70~75億BNKまで 1BNK=0.024€

このICOがすべて完売すると約198億円になりプレICO分と合せると約230億円もの資金調達をすることになります。

調達額目標が達成された場合は他に類のないかなり巨額のICO案件となります。

また、このICOの期間中に発行される30%が全て売れない場合、残りのトークンはプレICOとICOのBNKトークン保有者に按分されます。

残りが付与されることは、参加者にとってはありがたいですが。。。現在のペースだともしかすると有るかもしれません。笑

その後、まだ開始日は未定ですが、SCO(セカンド・コイン・オフェリング)にて30%が新たに発行される予定です。

SCOこれも規模としては200億円前後になる予定だそうです。

トータルすると、時価総額規模が約700億円に近いものとなりそうです。

そして最後の30%の内、25%を経営陣・社員・プレICO・ICO期間中の報奨金制度に分配、残りの5%がアドバイザーに分配されます。

10% プレICO
30% ICO
(2017年11月27日から2018年2月末まで)
30% SCO
(開始日未定)
25% 経営陣、社員、
プレICO・ICO期間中の報奨金制度
5% アドバイザー

以上の様に、最近のICOの中で最も投資家、出資者の保有割合が高い案件となっていることも魅力です

 

Bankera(バンクエラ)ICO参加メリット

出資金を寝かすだで無く、配当がある

BNKトークン保有者には毎週、SpectroCoin(スペクトロコイン)純取引利益の20%を配当としてイーサリアムによって付与されます。

また、将来Bankera独自の取引所が完全に運用可能になると、この取引所からの収益も配当に回されるとのこと。

バンクエラ配当

管理人の場合は保有BNKがわずかなので笑ってしまうほどの配当ですが、購入後は上記の様に毎週イーサリアムによって配当を受けることができます。

 

既に収益を出している

既に稼働している仮想通貨取引所SpectroCoin(スペクトロコイン)からの収益、デビットカードの発行などから収益を出している。

 

※また1,000€以上で参加するとBankeraカード(仮想通貨デビットカード)とIBAN(International Bank Account Number)アカウントを無料でもらうことができます。

 

[ad#ads1]

 

Bankera(バンクエラ)ICOへの参加方法

Bankera(バンクエラ)公式ページからアカウント作成

まずはBankera(バンクエラ)公式ページからBNKトークンを購入するためにのアカウントを作成します。

バンクエラ公式ページ

 

公式ページに移動するとまず上記のページが英語で表示されます。

1.画像赤枠①の三角をクリックすると表示言語を選択できるのでここで『JA』を選択することで日本語表示に切り替えできます。

2.次に画像赤枠②の『BNKを獲得』ボタンを押して、仮想通貨取引所SpectroCoin(スペクトロコイン)にてスペクトロコインの無料取引アカウントを作成します。

 

SpectroCoin(スペクトロコイン)にて無料アカウント作成

上記の『BNKを獲得』を押すと以下のSpectroCoin(スペクトロコイン)のサイトに遷移するのでアカウントを作成します。

スペクトロ登録画面

 

1.Bankera(バンクエラ)サイトと同様に右上画像赤枠①の地球儀アイコンを押すと言語を選択できるので『日本語』を選択することで日本語表示に切り替えできます。

2.次に画像赤枠②にお使いのメールアドレスを入力して日本語に切り替えると表示される『登録』ボタンを押し以下の画面に遷移するので自動で反映されている先ほど入力したメールアドレスを確認してご自身がログイン時に使われるパスワードを設定し『申し込む』ボタンを押して登録メールを受信。

スペクトロ申し込み

 

3.以下のメールが届くので赤枠のアカウント登録用のurlをクリックし、ご自身の情報を入力していきます。

スペクトロメール認証

これでアカウントが作成できたの先ほど設定した、メールアドレスとパスワードを使い管理画面にログインします。

 

BNKトークン購入資金を送金

ログインすると以下の画面が表示されるので赤枠の入金ボタンを押してBNKトークン購入用のコインをお使いの取引所から送金します。

スペクトロ入金

 

入金ボタンを押すと以下のページに遷移されるので、ご自身の入金される通貨を選び送金します。

スペクトロ入金通貨選択

スペクトロコインは送金できる通貨は比較的多いのですが、ビットコイン、イーサリアム、Dash、XEMは直接BNKトークンへ両替可能なのでこれらの通貨を送金するのが良いかと思います。

他の通貨はスペクトロ内で一度ビットコインに両替して、BNKトークンを購入することができます。

今回は例として、ビットコインでの送金の場合を想定。ビットコインの場合は『ビットコインを入金する』を押す。

スペクトロ入金アドレス

ご自身のアカウントのウォレットの送金先bitcoinアドレスが表示されるので赤枠のコピーボタンを押し、送金アドレスをコピーして、送金元のビットコインより送信します。

まだ、他の取引所や仮想通貨をお持ちでない方はまず以下の取引所のどこかで取引アカウントを作成し、ビットコインやイーサリアムなど送金用のコインが必要となります。

【主な国内取引所】

 

BNKトークンに両替して購入完了

スペクトロ両替

送金完了後、赤枠の両替取引より両替するアカウントに送信した通貨(管理人のアカウントにイーサリアムしか残金がなかったので例としてETHで表示しています。)。

お受取アカウントにBNKを選択。

両替するアカウントに現在の入金額が表示されるので両替に使う場合は〇〇〇〇ETHを全て使うをクリック、一部の場合は購入枚数を指定して『送信する』ボタンを押します。

これでBNKトークンが購入できたのでウォレットページに戻り、BNKの購入を確認して購入完了。Bankera(バンクエラ)のICOに参加が完了です。

バンクエラICO参加

 

Bankera(バンクエラ)ICOは最低購入数が決まっていない為、1,000円などの小額からでも参加可能ですし中々おもしろいICOだと思うの興味があれば少しでも参加してみて下さい。

 

[ad#ads1]
スポンサーリンク